レーシックで世界が変わる

視力回復を望む方へ

そもそもなぜ視力は低下するの?

前までは見えていた物や遠くの景色が見えづらくなると、人は「視力が落ちた」と認識します。
視力が落ちる原因は大きく2つに分けることができ、それは「遺伝」と「環境」です。
これら2つの原因が合わさることで、視力は低下するのではないかと考えられています。

日本人には近視が多い

近くのものは見えるのに、遠くのものは見えづらいという症状である「近視」。
日本人の視力低下による症状にはこれが多く、上記で紹介した2つの原因の中でも、遺伝による影響のほうが大きいとされています。

近視による視力低下が進行しやすい時期とされているのは、0歳~20代前半にかけてです。
この時期は身長が伸びたり、体重が増えたりする時期であり、これと同じように眼球も成長していきます。
眼球のサイズが大きくなると、網膜と水晶体の距離が離れ、光の焦点が前の方にずれていきます。
こうなると、普段はっきりと見えていた物や景色が見えづらくなり、「近視の目」になってしまうのです。

有効な視力回復法

日本人に多い近視をはじめとする、「視力低下」を改善する方法として有効なのは「レーシック」です。
これは、視力回復効果を持つ外科手術であり、メガネ・コンタクトに次ぐ「第3の視力矯正手段」として注目されています。
この手術は東京をはじめ、日本各地で受けることができます。
視力回復を望んでいる方は、積極的に手術を受け、ぼやけることのないはっきりとした視界を手にしましょう。

どんな手術なのか

メガネ・コンタクトに次ぐ「第3の視力矯正手段」であるレーシック。レーザーを使用した手術で効果的に視力を回復させることができます。視力回復を望んでいる方にぜひ受けてほしい手術です。

» 詳細はこちら

安全性に優れている

東京の医院でも受けられる「レーシック手術」。その魅力はなんと言っても「高い安全性」です。失明の危険はほぼゼロに近いため、リスクを背負うことなく手術に臨むことができます。

» 詳細はこちら

手術のメリット

レーシック手術には数多くのメリットがあります。これをあらかじめ把握しておけば、東京で手術を受ける際、より楽な気持ちで臨むことができます。そこでここではレーシック手術のメリットをご紹介します。

» 詳細はこちら

ビタミンを摂取する

東京でレーシック手術を受けて視力回復を成功させたあとは、食事に気を配るようにしましょう。ブルーベリーやカシス、鶏肉や豚肉などを食生活に取り入れれば、回復した視力を効果的に維持していくことができます。

» 詳細はこちら

習慣を改善する

視力を回復させるのに効果的な「レーシック手術」。これによる効果を無駄にしないためには、自らも視力回復に努めることが大切です。そこで、ここでは日々の「生活習慣」について見ていきます。

» 詳細はこちら

優良医院の選び方

東京にはレーシック手術を扱う医院が数多くあります。その中から優良な医院を選ぶためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。そこでここでは優良医院を選ぶポイントについてご紹介します。

» 詳細はこちら