安全性に優れている

失明する危険性がゼロ

レーシック手術による「失明の危険」は、ほぼゼロであるとされています。
これには、レーシック手術が「眼球の”見る機能を持つ部分”に触れない」ことが大きく関係しています。

レーシック手術では基本的に角膜に触れます。
角膜、そして角膜上皮は非常に硬く、再生力と回復力に優れているため、手術による影響を最小限に抑えることができます。またここには血管も通っていないため、出血する心配もありません。

このような理由が合わさっていることから、レーシック手術は失明には発展しにくいのです。

レーザーの安全性

レーシック手術に使用される「エキシマレーザー」は、混合物を用いて波長の短いレーザーを照射させる装置です。
使用する際に熱を放出することがないため、熱に弱い角膜の手術もほとんど痛みを伴わずに進めることができます。
また、角膜を正確に削ることが可能なため、視力回復効果を早く実感することができます。

そんなエキシマレーザーは、1995年にアメリカの食品医薬品局によって治療現場での使用が認められました。
日本ではその5年後、厚生労働省によって認められ、現在ではレーシック手術に欠かせない機器となっています。
このように、エキシマレーザーは承認された機器であることから、安全性・副作用には問題がないといえます。

東京で手術を受ける

東京の医院をはじめ、日本各地の医院のレーシック手術でエキシマレーザーは導入されています。

安全性に優れている機器を使用し、安心できる手術内容という特徴を持つ「レーシック手術」。
東京の数多くある医院の中から、優良な場所を選べば、より高い安心感の中、手術を受けることができます。