ビタミンを摂取する

視力回復に効果のある栄養素とは

視力回復に効果をもたらす栄養素があることをご存知でしょうか。これを把握していれば、普段の生活の中で視力回復効果を得ることができます。
そこで、ここではその中でも代表的な4つの栄養素と、これらが含まれる食材をご紹介します。
東京をはじめとする各地でレーシック手術を受けたあとに、この食材を積極的に摂取すれば、より長く視力回復効果を維持することが可能です。

1.アントシアニン
この栄養素は、ロドプシンの再合成をサポートしてくれます。
ロドプシンは視覚情報を脳に伝える、とても重要な成分であるため、アントシアニンは視力回復を臨む方は摂取すべき栄養素だといえます。
また、視力回復だけでなく目の疲れを解消する効果も持ち合わせています。
これは、おもにカシスやブルーベリーなどに含まれています。ジャムや飲み物などでの摂取が最適です。

2.ビタミンB郡
目の周りの筋肉の疲れを和らげたり、粘膜や視神経の機能を正常化させたりなど、あらゆる効果をもたらす栄養素です。
これはおもに豚肉や鶏肉、チーズ、卵などに含まれています。
日常的に摂取しやすい食材が多いため、誰でも気軽に栄養素を取り入れることができます。

3.ビタミンE
ビタミンEは目の疲れやドライアイ、老眼を防止するのに大きな効果を発揮します。
これはイカやエビ、かぼちゃ、さつまいもなどに含まれています。

4.亜鉛
視神経による情報の伝達をサポートしてくれます。
粘膜にも効果をもたらし、健康的な状態を長く維持することができます。
牡蠣や豚のレバー、卵などに含まれています。
この栄養素が不足してしまうと、視神経機能が低下する恐れがあるため、注意が必要です。

日頃からこれらの栄養素を摂取していれば、レーシック手術の効果をより良い状態で維持することができます。
東京のきれいな夜景をはっきりとした視界で楽しむためにも、食生活にも気を配るようにしましょう。