習慣を改善する

遠くを見るようにする

現在人間は、遠くを見ることよりも近くを見ることが多くなっています。
これにより、遠くを見る「遠方調節機能」の働きが低下しています。
そのため、日頃から「遠くを見る」という習慣を身につけることが、視力回復にはとても重要であるといえます。
この習慣は、誰でも普段の生活の中に簡単に取り入れることができます。
「自分は大丈夫」と考えることなく、レーシック手術の効果を無駄にしないためにも積極的に取り入れましょう。

姿勢を正す

姿勢が悪いと、目と見るものの距離が近くなってしまうため、無駄に目の調整をしなくてはなりません。
さらにこれは、肩こりや頭痛などの原因にもなります。
そのため、姿勢の悪さに心当たりのある方はすぐに正す必要があります。

生活習慣を見直す

上記で紹介した「遠くを見る」、「姿勢を正す」という習慣は誰でも簡単に取り入れることができます。
自分の生活習慣を見直し、「遠くを見ていない」、「姿勢が悪い」などといった点に心当たりがあれば、今すぐにでも取り入れるべきです。
レーシック手術で得た十分な効果を無駄にすることがないよう、自らも視力回復に努めましょう。
そうすれば、東京で見えないことにイライラすることなく、楽しく過ごすことができます。